***本日は東京五輪招致問題のゼミ生レポート第三弾をアップロード予定としておりましたが、担当者の記事作成が締切に間に合わなかった為、予定を変更して本記事「河田弘道先生の業績と戦歴」をお送り致します。楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ございません。
2月17日の更新から再度、東京五輪招致問題のゼミ生レポートをアップロードして参ります。
これからも河田ゼミブログへの変わらぬご愛顧賜りますようお願い申し上げます。***



 河田先生のプロフィールにつきましては、こちらをご覧ください。
 →3.河田先生のプロフィール

河田弘道の業績と戦歴

11.研究業績
①共著:Gファイル、文芸春秋社、2006年10月 発刊

②論文等(報告書を含む)
    1979年
    レークプラシッド・オリンピックの準備状況とアメリカのスポーツ事情に関する調査報告書
    (財)日本体育協会 競技力向上委員会
    編集協力・OCT

③翻訳:なし

④資料・史料等(紹介を含む)
   1978年:オリンピック競技に関するアメリカ大統領諮問委員会の最終報告書
                (財)日本体育協会 競技力向上委員会
                紹介者、編集協力、OCT
   1978年:アメリカ合衆国下院におきて司法委員会に付記された法律
                (アメリカのスポーツに関する法律案)
                (財)日本体育協会 紹介者、編集協力、OCT

⑤論文
 テーマ 米国大学競技スポーツのアドミニストレーション論(2008年)
 テーマ 中央大学スポーツの変革(2010年)
 テーマ 米・日スポーツ経営の違いと疑問(2012年)

⑥その他(学会報告・一般講演・対談等)
 1.講演題目:アメリカの大学における競技スポーツの実態と運営管理方法
                     1979年7月
   主催:文部省体育局、JOC, 日本体育協会、日本体育学会
   講演者:河田 弘道 ブリガムヤング大学 専任
 2.MLBミラクルメッツの快進撃に関する記事:
            *1999, Oct. 2. Sunday [ Miracle Met’s Again-Bobby Valentine
                    Special Interview:Thanks for my old Japanese friend]
                    New York Times, New York Post. New Jersey Sports & R.
 3.2002年12月14日
            *第8回スポーツとマスコミシンポジューム
               テーマ:日本プロ野球の構造的問題とは、
               主催:メデイア総合研究所
               問題提起者:河田弘道
 4.サンデー毎日取材記事2003年1月号
               松井秀喜巨人軍での10シーズン、サンデー毎日インタビュー。
 5.松井秀喜選手とヤンキーズの今後、河田インタビューの現地掲載記事
               2003/January 13.Monday [ New York Yankees-Matsui on his own
               in Bronx]North Jersey Media Group Interview Article
 6.2003年3月号
            *放送レポートテーマ:「どうなる日本のプロ野球」
               発行:メデイア総合研究所
 7.財界誌:プレジデント連載
               「巨人軍衰亡の内幕」2004年11月(第一弾)、12月(第二弾、第三弾)、
                2005年1月(第四弾)、2月号(第五弾)河田の提言
 8.講演:2005年 中央大学
                テーマ:日本のプロ野球とその環境
 9.講演:2008年 日本体育大学
                テーマ:米国大学競技スポーツの運営及び管理方法「アスレテイックデパートメント」
 10.講演:2009年 第25回日本健康学会
                 テーマ:スポーツとフェアネス~フェアネスは競技スポーツの根幹~
 11.講演:2012年 大阪弁護士会主催
                 河田のスポーツアドミニストレーション論より
                 テーマ:米・日のスポーツ経営の違いと問題

スポーツアドミニストレーターとしての実践キャリア
 @米国大学競技スポーツ関連
   1976年:NCAA 全米大学体操競技選手権大会 男子個人総合優勝監督
   1976年、1977年:日米大学フットボール東京大会米国大学代表
   1977年:日米大学体操競技大会 米国側ホスト監督
   1978年:日米大学野球招待試合 米国側大学責任者
   1976年~1980年:BYU(ブリガムヤング大学 スポーツアドミニストレーターとして活動)

 @国際、国内陸上競技スポーツ関連
      1985,86,87,88,89,90年:日中国交友好記念事業
                                                    北京国際マラソン大会 TBS オフィシャル・OCT.
      1987年:ローマ世界陸上選手権大会 日本テレビ ・OCT.
      1988,89年:スーパー陸上東京大会 テレビ朝日 ・OCT.
      1987,88,89,90,91,92年:読売国際室内陸上競技大会・OCT.
      1991年:「91‘世界陸上選手権東京大会」
         日本テレビ国際映像キーメデイア・OCT.
      1989,90,91,92,93年:北海道国際マラソン 北海道新聞社・OCT.

 @プロ野球関連
      1978年~1983年:西武ライオンズ、西武鉄道(株)
      82年:パリーグ優勝、日本シリーズ優勝
      1994年:東京読売巨人軍 日本プロ野球セントラルリーグ優勝、
                                               日本シリーズ優勝 メイクミラクルシーズン
      1996年:東京読売巨人軍 日本プロ野球セントラルリーグ優勝、
                                               日本シリーズ出場 メイクドラマシーズン

 @日本の企業スポーツ実績
      1978年1983年:プリンスホテル野球部、プリンスホテル(株)
      1985年~2005年:NEC SPORTS設立 日本電気株式会社
                                   強化スポーツ・AD(編成、運営統括)
                                   女子バレーボール部―日本リーグ優勝、準勝、
                                                                      リーグ優勝、全日本黒鷲旗大会優勝、準優勝
                                   男子バレーボール部―日本リーグ優勝、準優勝
                                                                      V-リーグ優勝、準優勝
                                                                      全日本黒鷲旗大会優勝、準優勝(現在 廃部)
                                   女子バスケットボール部―日本リーグ準優勝(現在 廃部)
                                   ラグビー部―全日本選手権大会優勝、
                                   カップ戦優勝、トップリーグ優勝
                                   男女テニス部―日本リーグ優勝 (現在 廃部)
                                   男女陸上部―実業団駅伝3位、朝日駅伝1位 (現在 廃部)